ABOUT おおたオープンファクトリーとは?

おおたオープンファクトリーとは?

おおたのモノづくりを
体感できるイベント

東急多摩川線の下丸子駅・武蔵新田駅周辺をフィールドに、地元の工業会「工和会協同組合」と大田クリエイティブタウン研究会を構成する一般社団法人大田観光協会+首都大学東京・横浜国立大学・東京大学が企画する、一日だけのイベントです。

モノづくりのまちの様々な工場での加工の様子を見てみたい、体験してみたい、工場主さんとお話ししてみたい、工場まちの雰囲気を感じてみたい、そんな声にお応えします!

2012年2月、12月に続き、第3回目の今回は、約30社の工場が参画!あらたなモノづくり体験の拠点「くりらぼ多摩川(クリエイティブタウン・ラボ多摩川)」も登場します!
なかでも、「おおたモノ語り〜職人が1年で1番しゃべる日」をテーマとする今回は、とくに職人さんたちの技術だけでなく、話術にも注目してみてください!

20社の工場をめぐるオープンやツアー、5つの拠点で繰り広げられるイベントをお楽しみ下さい。

おおたのモノづくりを体感できるイベント

オープンファクトリーの5つの特徴

太田のに会いに行こう おおたオープンファクトリーを知る5のこと

1
日本の工業を支える
大田と人と技とまちに出会える

おおたオープンファクトリーとは1年に1度だけ開催される、「大田区の豊かなモノづくりの現場である町工場を巡りながら、その技・製品・人の魅力を紹介する」イベントです。

日本の工業を支える大田と人と技とまちに出会える
2
町工場の中で職人さんからおはなしが聞ける

普段はなかなか入ることのできない町工場の中で、モノづくりを支える複雑な機械や技を、職人さん自ら紹介します。
職人さんの熟練した手仕事を見たい方・いつも音が聞こえるけど何をしているのか気になっていた町工場の中がみたい方など、普段絶対にできない経験があなたを待っています。

町工場の中で職人さんからおはなしが聞ける
3
大田の町工場でつくられた製品を知る

世界で活躍する大田の町工場では、あなたの身近なあの製品から有名ブランドの内装、体より大きなものからすごく小さなものまで(時には手作業だったり)大田の技が活躍しています。同じ町工場といっても幅広い製品がつくられることを知る事ができます。

大田の町工場でつくられた製品を知る
4
大人もこどももたのしいツアー

おおたオープンファクトリーでは、スタッフのガイドつきで工場をめぐるツアーを開催します。大人向けのものからこども向けの安全なものまで幅広いジャンルのツアーやクイズをご用意しています。ツアーは事前予約が必要なので、ホームページなどでお気軽にお問い合わせください。

大人もこどももたのしいツアー
5
モノづくり体験や新しい企画がいっぱい

工場を見学するだけではなく実際に部品をつくったり、工場の技をつかって自分のオリジナル製品をつくることができるイベントなど、楽しい企画や工場がいっぱい!
周辺さんには職人さんいきつけの、おいしくて素敵な雰囲気の飲食店もいっぱいあるので、一日中楽しめます。

モノづくり体験や新しい企画がいっぱい
おおたオープンファクトリーPV

「ビルの屋上から設計図を紙飛行機にして飛ばせば3日後には製品になって戻ってくる」という大田の工業集積や仕事の仕方の伝説を元に、横国大Studio402さんがPV作品にしてくれました。必見!

お問い合わせ

おおたオープンファクトリー実行委員会

【窓口】 一般社団法人 大田観光協会

〒144-0035 東京都大田区南蒲田1-20-20 大田区産業プラザ2階

電話 03-3734-0202 Fax 03-3734-0203

Mail info@o-2.jp

WEB https://www.o-2.jp/

第7回産業観光まちづくり大賞 金賞受賞
おおたオープンファクトリーが
第7回産業観光まちづくり大賞の
金賞を受賞しました。