散歩日和

インデックスページへ戻る

大森駅から大森海岸駅へ

2011年9月号

 大森駅東口を出てJRの線路に沿って蒲田方面に5分ほど歩くと入新井自転車駐車場に突き当たります。
 この裏の入新井西公園には消防自動車と蒸気機関車が保存され、午前8時30分~午後4時30分に見学することができます。①蒸気機関車は、美しい姿から貴婦人の愛称で親しまれいるC57形で、定時に汽笛を鳴らし、直径1.75mの動輪も回ります。JRの線路沿いのため、鉄道好きの方には飽きが来ない場所かもしれません。
 公園を出て広い道を2~3分歩くと右側が入新井第一小学校です。ここの敷地内に②加納久宜の遺徳碑があり、道路からも見ることができます。加納久宜は明治~大正に活躍した子爵で、地域の教育や産業振興に尽力しました。
 さらに10分ほど歩くと右側のビルの間にお寺があり、ここが密厳院です。境内に地蔵菩薩立像が(お七地蔵)があります。八百屋お七は、恋のために放火し、江戸の大火を起こしたため鈴が森処刑場で処刑されました。その霊を弔うために貞亨2(1685)年に建てられました。また、その横には寛文2(1662)年に建てられた庚申供養塔があります。どちらも区の指定文化財になっています。
 帰りは京浜急行線の高架に沿って、大森海岸駅へ向かいましょう。


より大きな地図で 2011年9月号「大森駅から大森海岸駅へ」 を表示
蒸気機関車
加納久宜の遺徳碑