散歩日和

インデックスページへ戻る

池上~菜の花と桜、めぐみ坂、妙見坂~

2011年5月号

 池上駅から本門寺通りを通って、最初の信号を渡り300mほどを進んで、呑川に架かる養源寺橋を渡ります。池上七福神(恵比寿)の①養源寺の色鮮やかな菜の花と桜に出会えました。養源寺山門の右の道を行くと堤方神社まで上がる②めぐみ坂があります。坂の途中に大森めぐみ教会があるため、この名で呼ばれていますが、昭和5(1930)年発行の「大東京川崎横浜復興大地図」では、この坂は「あけぼの坂」となっています。明治時代中期に徳富蘆花の小説「富士」にもでてくる、明治大正期に繁盛した料亭「あけぼ乃桜」が現在の協会の敷地に開業し、それにちなんだ名ではないかといわれています。また、古くは「相の坂」とも呼ばれていたようです。
 坂を上りきり、③池上会館屋上で休憩を。ここは、見晴らしの良い展望庭園になっていて、展望台から晴れた日には富士山や丹沢が望めます。
 少し、来た道を戻り、池上七福神(樹老人)の妙見堂の石段、④妙見坂を下ります。初夏の頃、坂の両脇をアジサイが彩るそうです。
 妙見橋を渡って池上駅へ戻りましょう。


より大きな地図で 2011年5月号「池上 ~菜の花と桜、めぐみ坂、妙見坂~」 を表示
養源寺
めぐみ坂
池上会館
妙見坂