散歩日和

インデックスページへ戻る

大森貝塚記念碑と尾崎士郎記念館・山王草堂

2009年9月号

 JR大森駅ホーム中央にある土器のレプリカを頂いた碑①「日本考古学発祥の地」をご存知ですか?明治10年モース博士が汽車の車窓から大森駅近くに貝殻の堆積を発見した記念碑です。今回の散歩日和は、ここから出発します。山王北口に出て池上通り沿いに品川方面へ100mほど歩くと大森貝塚入り口の標があります。砂利道を行くとJR線路沿いに昭和5年に建立された②大森貝塚の碑を間近に見られます。さらに池上通りを250mほど行った品川区立大森貝塚遺跡庭園内にも大森貝塚の碑があります。来た道を戻り、ドイツ人学校があったことからジャーマン通りと呼ばれる大通りを行き山王小学校前、山王二丁目バス停を過ぎ、通りから一本入った道を行き③「尾﨑士郎記念館」へ。建物に入っての見学はできませんが、外側から数々の名作が生まれた書斎(復元)や愛用の品などを見ることができます。
 次は、日本初の総合雑誌「国民之友」を創刊し、「近世日本国民史」を刊行した徳富蘇峰の旧居④「山王草堂記念館」へ。蔵書や書簡の展示から足跡がたどれます。敷地は緑豊かな蘇峰公園として整備され秋は紅葉がとてもきれいです。
 帰りは来た道を戻ります。まだまだ暑い日が続きます。日よけ対策と飲み物の用意をお忘れなく。


より大きな地図で 2009年9月号「大森貝塚記念碑と尾崎士郎記念館・山王草堂」 を表示
日本考古学発祥の地
大森貝塚の碑
尾﨑士郎記念館
山王草堂記念館