散歩日和

インデックスページへ戻る

西馬込のシンボル給水塔と馬込西公園

2009年5月号

 都営地下鉄西馬込駅南口を出て信号を渡ると右手にライフコミュニティ西馬込があります。その先の角に地場野菜の記念碑①「馬込半白節成胡瓜、馬込大太三寸人参発祥之地」があります。白い部分が多く独特な性質をもった半白胡瓜と大型で形や色の良い馬込人参は共に現在はほとんど作られていないそうです。
石碑の横を左折し、西馬込商店会を道なりに5~6分進むと時計塔のある馬込西公園に着きます。園内は高低差のある変化に富んだ敷地で、2か所のボール遊び場やストリートアスレチックスなどがあります。砂場の中にある②ロープ作りのアスレチックスはまるで巨大なアヤトリのようです。高台に上るとお目当ての③双子の給水塔が木々の間から見えます。何か懐かしい親しみのもてる形ですが、震災などに備え常時12,000m³の飲料水を貯えている現役の給水塔です。ぜひ近くまで行って大きさを実感してください。


より大きな地図で 2009年5月号「西馬込のシンボル給水塔と馬込西公園」 を表示
記念碑「馬込半白節成胡瓜、馬込大太三寸人参発祥之地」
ロープ作りのアスレチックス
双子の給水塔
給水塔の大きさ