散歩日和

インデックスページへ戻る

本門寺参道からハーブの香る空中庭園へ

2008年8月号

 池上駅改札口から右手タクシー乗り場にそって進むと、五つ辻の交差点に出ます。本門寺通りの看板のある通りを行くとせんべい屋や仏具店、石材店などがある本門寺への参道となっています。5分ほど道なりに歩き、名物のくずもち屋さんに挟まれたT字路を右折すると角が①「萬屋酒店」です。平屋の趣のある建物は明治8年に建てられた町屋建築で国の登録文化財となっています。その角を左に曲り呑川に架かる霊山橋を渡り、本門寺総門を右折、池上小学校沿いに進むと区立池上会館が見えてきます。中に入りクーラーの涼しい風にほっとしたら、左手奥のエレベーターで屋上に。外は見晴らしの良い②展望庭園になっています。この庭からは、池上のまちが見渡せるのはもちろん、晴れた日には富士山や丹沢が望め、夕日の名所とも言われています。振り返ると、そのまま地続きで本門寺敷地内。③国の重要文化財五重塔が見えます。この塔は、関東最古の五重塔と言われ、建てられてから400年以上もたち破損もひどくなったため、平成9年から解体修理が行われ14年4月に完成したものです。塔の前を左に曲がり本門寺仁王門から96段の別名「此経難持坂(しきょうなんじざか)」を下って池上駅へ戻りましょう。


より大きな地図で 2008年8月号「本門寺参道からハーブの香る空中庭園へ」 を表示
萬屋酒店
展望庭園
国の重要文化財五重塔