散歩日和

インデックスページへ戻る

馬込の坂道を楽しむ

2007年12月号

 環七通りと第二京浜が交差する都営浅草線の馬込駅前。この①松原橋は、昭和15年(1940)に完成した、日本で最初の立体交差です。この近くにある馬込図書館の2階には、②馬込文士村資料館があり、かつてこの町に暮らした文学者たちの貴重な資料の展示はもちろん、貸し出しも行っています。文士の一人である城昌幸の没後に寄贈された蔵書から成る「城昌幸記念文庫」もあります。
 馬込には九十九の谷があると言われますが、このあたりも本当に坂の多いところ。文士村の名前がついた最中やどら焼きを販売する和菓子屋さんにも近い、馬込特別出張所前の交差点から長い坂を下り、2つ目の角を左に折れると、新幹線のガード近くに③馬込シクラメン園の看板が見えてきます。馬込には現在も3軒のシクラメン園があり、ここはそのうちの一つ。1月末まで直売も行っているので、冬の園内を鮮やかに彩る約1万鉢から、お気に入りの一鉢を選んではいかがでしょう。


より大きな地図で 2007年12月号「馬込の坂道を楽しむ」 を表示
松原橋
馬込文士村資料館
馬込シクラメン園の看板