1. OTA Navi トップ
  2. 見ル・知ル・大田区

歴史・史跡

蒲田

梅屋敷と和中散薬売所跡

Umeyashiki/Wacyusanyaku baisyoato

文政年間(1818年から1830年)の初めに、和中散という道中常備薬を商う山本久三郎が、梅の名木を集め、東海道を往来する旅人を相手に茶店を開いた。かつては蒲田梅屋敷として、亀戸の梅林とともに江戸近郊の梅の名所の一つとして有名になり、広重の浮世絵にも描かれた。現在公園になっているところは、その屋敷跡の一部。

ご案内

所在地
[address]
〒144-0052 東京都大田区蒲田3-25-6
3-25-6 Kamata
電話番号
[Phone Num]
03-3777-1070
アクセス
[access]
京急本線梅屋敷駅徒歩5分
Umeyashiki Station (Keikyu line) getting off for 5 minutes on foot
ホームページ
[web page]
http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/rekishi/kamata/umeyashiki_wachuusanato.html

地図

ページトップへ