ロゴ

TOPICS

第7回蒲田映画祭


第4回
10月20日、倍賞千恵子さんをお招きしてのトークショー、決定しました。トーク終了後は山田洋次監督作品「遥かなる山の呼び声」の上映を予定しています。



蒲田映画祭の軌跡


蒲田映画祭回顧 (2013年~2018年)
 「蒲田は映画のふる里」。昨年の映画祭でゲストとして来場された大林信彦監督の発声の一言です。
そうです!1920年に蒲田の設立された「松竹キネマ蒲田撮影所」で日本映画の近代化が実現されました。
映画の街、蒲田で皆が肩を寄せ合い映画を観て笑い、涙を流しそして語ろう。青春の一ページを彩った映画、これからの人生に何らかの道しるべとなるであろう映画。蒲田映画祭は映画のふる里から映画の素晴らしさを発信してまいりました。
 本年、第7回を迎えるに当たり過去6回の映画祭の実施概要を取り纏めましたので是非ご覧いただければと存じます。
pdf資料(pdf1M)



・2019年蒲田映画祭概要(予定)
1.映画上映
  ①日程:9月28日(土)、29日(日)、30日(月)
  会場:大田区民ホール・アプリコ
  内容:決定次第順次ご案内いたします
  ②日程:10月19日(土)、20日(日)
  会場:大田区産業プラザPiO
  内容:『大人の見る絵本 生れてはみたけれど』上映(19日)
  小津安二郎監督の戦前最高傑作(無声映画)を当代随一の弁士・澤登翠の名調子と音楽でお楽しみください。
 「倍賞千恵子トークショー&主演映画上映」(20日)
  日本映画を代表する人気シリーズ「男はつらいよ」で寅さんの妹として親しまれたほか数々の名作に出演し日本を代表する女優、倍賞千恵子さんが映画への想いを語る。併せて主演映画上映。

2.展示(松田コレクション)
 ・「オリンピック回顧展」(大田区民ホール・アプリコ、大田区産業プラザPiO)
  2020年東京オリンピック開催にあたり、古代オリンピックから近代オリンピックの誕生、そして1964年東京オリンピックまでを豊富で貴重な資料展示を行います。
 ・「倍賞千恵子出演作品 ポスター展示」(大田区産業プラザPiO)
3.その他
    子供向けアニメ、チャップリン映画上映、市民参加型企画等を予定しています。


第6回蒲田映画祭


 大林サイン
第6回蒲田映画祭は、全ての上映を終了しました。

ご参加いただいた皆さま、有難うございます。


第6回蒲田映画祭


 キネマの天地
「キネマの天地」上映は予定数をオーバーしたため、受付を終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございます。

「舟を編む」「たそがれ清兵衛」 「大林監督トーク&この空の花〜長岡花火物語〜」「女ざかり」はまだお席に余裕があります。


第6回蒲田映画祭


有馬稲子
有馬稲子トークショーは予定数をオーバーしたため、
受付を終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございます。


第6回蒲田映画祭


映画祭ちらし

第6回蒲田映画祭のパンフレットが出来上がってきました。
PDFファイルを開くと申込フォームも付いています。
(pdf2.7M)


第6回蒲田映画祭


有馬稲子
大林宣彦
今年の蒲田映画祭、メイン会場は前半9月28日〜30日はアプリコ小ホールにて上映、後半は大田区産業プラザPiO4階のコンベンションホールにて上映いたします。
なおトークゲストとして9月29日に有馬稲子さん、10月20日には大林宣彦監督のトークを予定しています。






第5回蒲田映画祭


第4回
好評裏のうち、無事終了いたしました。多数のご参加心より御礼申し上げます。


下記メディアからも発信

ファイスブック

リンクサイト

松田コレクション

中華街映画祭