1. OTA Navi トップ
  2. 見ル・知ル・大田区

地図から探す

博物館

大森

博物館

大森海苔のふるさと館

Omori Nori Museum

貴重な海苔資料を保存・展示して世代間の交流を図り、歴史や技術など伝統文化を継承し、
海苔や海辺に関する様々な情報を発信している。入場無料

Gallery FIRSTLIGHT

【大田区ウエルカムショップ登録】

羽田

博物館

羽田空港ディスカバリーミュージアム

Discovery Museum

日本初の空港内美術館。700年の歴史をもつ細川家の至宝を管理する永青文庫の常設企画展のほか、随時企画展も開催。入場無料。

下丸子

博物館

昭和のくらし博物館

Museum of Life in the Showa Era

【大田区まちかど観光案内所登録】
昭和26年建築の東京郊外にある庶民住宅を、中の家財道具ごと保存し、丸ごと公開している博物館。入場料500円(小中高300円)

ミュージックジャケットギャラリー

Music Jacket Gallery

株式会社金羊社が開設。LP、CDのお宝ジャケットを展示。平面陳列でLP120枚、立体陳列で特殊パッケージ12点を展示。3か月ごとにテーマを更新する。

炭ギャラリー

Charcoal Gallery

炭の総合燃料商社(増田屋)が新しい炭文化を発信するため開設。備長炭から最先端商品、茶の湯炭、火鉢などの展示など、あらゆる炭の情報が手に入る。

五十嵐健治記念洗濯資料館

Igarashi Kenji Kinen Sentaku Shiryokan

五十嵐健治は、白洋舎創業者・日本のドライクリーニングの創業者。その遺品や著書などを展示。クリーニング業の歴史が学べる。

田園調布

博物館

多摩川台公園古墳展示室

Kofun Exibition Hall

多摩川台公園に保存されている現在の古墳の姿と見比べることができ、古代人が造った当時の姿そのままに復元してある。入場無料。

池上

博物館

池上本門寺 霊宝殿

Ikegami Honmonji Temple Reihoden

池上本門寺に伝わる寺宝を展示公開する。法華経研究資料の「兜木コレクション」も含まれる。

馬込

博物館

郷土博物館

Folk Museum

大田区立郷土博物館は、大田区を中心とした人文科学系の博物館で、考古、歴史、民俗資料などの文化遺産を保管、展示しています。
入館は無料です。皆様のご来館をお待ちしています。


龍子記念館

Ryushi Kinenkan(Commemorative Hall)

大正、昭和の日本画壇の巨匠、龍子の作品を展示。 日本画の巨匠として知られる川端龍子(1885年から1966年)は、 馬込文士村の住人の一人。 そのスケールの大きな作品を常時、展示しています。
記念館は龍子が喜寿を記念し、自身の代表作を展示し公開するために、 昭和37年(1962年)に建設したものです。
建物は龍子自身が設計したもので、タツノオトシゴの形をしています。平成3年(1991年)11月3日に、区立の施設としてオープンしました。


熊谷恒子記念館

Kumagaya Tsuneko Kinenkan(Commemorative Hall)

美智子皇后陛下にご進講されたことでも知られる現代女流かな書道家、熊谷恒子(1893~1986年)の旧居を改修し、作品を展示。春夏秋冬それぞれの季節の作品展が行われている。入場料100円(小人50円、65歳以上と5歳以下無料)。

尾崎士郎記念館

Ozaki Shiro Kinenkan

平成20年5月にオープンした「尾崎士郎記念館」では、昭和29年に建てられた居宅のうち書庫、客間、書斎を再現し、そのエネルギッシュな執筆活動を伝えるために、特に、机周りの雑然とした雰囲気を活かした展示を行っています。豊富な蔵書や原稿用紙はもちろん、いくつもの徳利や調度品からは、酒と相撲を愛した作家の息づかいが聞こえてきそうです。
 尾崎士郎の、そして文士村の魅力を再発見してみませんか。


山王草堂記念館

Sanno Sodo Kinenkan(Commemorative Hall)

日本で最初の総合雑誌「国民之友」を創刊し、 また全100巻の「近世日本国民史」を刊行した、 徳富蘇峰(とくとみそほう)(1863年から1957年) の旧居の一部を保存し、その足跡をたどる資料を展示しています。蘇峰の蔵書や書簡、愛用の品などを展示。 中でも「近世日本国民史」の自筆の原稿は圧巻です。
また、敷地内には全国的にも数が少なく珍しいといわれるカタルパの木があり、毎年5月の下旬から6月の上旬にかけて、かれんな花を咲かせます。


馬込文士村資料展示室

Magome Bunshimura Exhibition Room

馬込文士村ゆかりの文士、芸術家の資料が展示されており、馬込文士村の散策コース内にある。入場無料。

マミ会館 花のミニギャラリー

Mami Flower Design School Gallery

マミーフラワーデザインスクールが開設。3階までの階段脇に、自然素材を使ってデザインした季節の花などを展示。館内にはオリジナルや休憩できるラウンジあがり、岡本太郎作品「坐ることを拒否する椅子」も展示している。

ページトップへ