街の職人さん

「ハリス食品〜蒲田」 麺造り職人 鈴木隆二さん 「ハリス食品〜蒲田」 麺造り職人 鈴木隆二さん

麺造り職人 鈴木隆二さん

「ハリス食品〜蒲田」

住所:大森中2-22-4
電話:03-3761-8733
営業時間(一般への直売):15〜17時
定休日:日曜

手作業にこだわる

「製麺は全自動じゃないほうがうまい。」とご主人。
生地を練る機械を開けると、ご主人こだわりの地鶏の卵のいい香りがする。卵が香り高いのを初めて知る。粉の練り具合は見た目と感触で判断する。天気天候に左右されるのでレシピは役に立たない。練れた生地は手を入れながら4つの機械を通す。そして、切断。

最後に、ご主人が切断機から出てきた麺を手ですくって木の箱に入れていく。「すくう。置く」の2アクションだけなのに、麺はきれいな玉になって行儀よく並んでいる。まるで魔法のようだ。

そして、揚げ麺。ご主人が作った細麺を、奥さんが一つ一つ丁寧に成形して揚げてゆく。そうして手間暇かけて作られた麺は味わい深く、あんかけをしてもいつまでもパリパリとおいしい。


愛情麺

「初めは普通の水、普通の粉、普通の卵で作っていたんだよ。」それが変わったのは子供が生まれてから。

「子供に安全でおいしい麺を食べさせたい。」その思いから始まった長い長い試行錯誤の原料選び。
まずは水。「これだ」という伊豆大島の海洋深層水に出会うまで19年かかった(色が変わってしまうので中華麺には入っていない)。小麦はいろいろ試してやっとたどり着いた、国産のみのオリジナルブレンド。中華麺に入れる卵はこだわりの地鶏の卵。それらがご主人の熟練の技によって製麺されると、他では出しえない甘み、艶、コシ、を生む。 「思ったような麺ができるようになった、と思ったのはここ3年くらいだね。捨てた麺も多いよ。」

18歳の時から麺作りにかけた26年。職人人生の中で、自らに課したハードルの高さと、仕事に対する誇りと愛を感じる。そのこだわりと、いきさつを知った人に「愛情麺」と呼ばれるのもうなずける。

作業工程一覧

職人さんの手掛けた商品

■揚げめん 1袋2食380円

■揚げめん 1袋2食380円

■うどん 1袋2食280円

■地鶏卵入り中華麺 1袋2食180円